豆乳ガイド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆乳を飲むと下痢になる?!

豆乳 下痢


はい、お腹が弱い人は豆乳を飲んではいけません。

豆乳は、消化吸収されにくいので、

胃腸の悪い人は消化不良に陥ってしまいます。

しかも、体を冷やす効果もあるので、

おなかが弱い人は下痢になりやすいのです。
スポンサーサイト

豆乳はメタボに効果あるの?

豆乳 メタボ


はい、豆乳はメタボに効果があります。

豆乳に含まれる大豆たんぱく質やサポニンは、

血中コレステロールを低下させたり

吸収を抑制してくれることが期待できるんですよ。



美髪や美肌によい豆乳は、石鹸でも効果バツグンです >>> 豆乳せっけん「自然生活」

豆乳は髪や育毛に効果的?

豆乳 効果 髪

豆乳は髪や育毛に効果的?

答え.
豆乳が髪によい影響を与えるということは
未だに立証されていません。



豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン
「エストロゲン」と同様の働きをすることは以前の記事でご案内しました。
この女性ホルモン「エストロゲン」は、毛髪を発達させ、
毛髪の成長期を持続させる、という働きがあります。
つまり、成長した髪の毛を保存するという役目を果たしており、
毛髪に影響を与えています。

しかしながら、豆乳を飲むことにより髪に潤いがでた、
髪が生えてきた、という話を聞かれた方はいらっしゃらないのでは
ないでしょうか。

大豆イソフラボンはエストロゲンと同様の効果をするといいますが、
目に見えて髪の状態が改善するということはないようです。


なお、2011年に、名古屋市立大学大学院の岡崎研二教授が
「カプサイシン」と「イソフラボン」の働きでIGF-1を多量に生成し、
効果的な発毛を可能とする世界初の発毛理論を確立したことが
話題となったようです。
テレビをはじめ、多くのメディアで取り上げられたそうですが、
その後、岡崎教授の共同研究者が論文を捏造したことが発覚し、
岡崎教授も停職6ヶ月の処分がくだされています。

・論文捏造で准教授を解雇 教授を停職6カ月 名市大が懲戒処分
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20120321145744594





たくさんの方に見ていただきたいため、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!
にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村

美白・美肌 ブログランキングへ

女性は豆乳を飲むと効果的?

豆乳 効果 女性

答え.
はい、一般的に美肌効果やお通じがよくなる効果があります。
これは男性も同様です。


ただし、以下の注意事項に気をつけてくださいね。

一日に飲む容量は200ml~250mlに抑えること。
 →豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンの
 エストロゲンに似た働きをするんです。
 そのため、豆乳を過剰に摂取すると、女性ホルモンのバランスが崩れ、
 体調不良となってしまう場合があります。
 また、整理が重くなる場合もあるので飲み過ぎには気をつけましょう。
できれば無調整豆乳の方がよい
 →無調整豆乳が飲みにくいという方のために、砂糖等を加えて
 飲みやすくしたのが調整豆乳です。
 アトピーの方は、砂糖が大敵ですので、無調整豆乳の方を
 飲むことをお勧めします。
食前30分ぐらいで飲むこと
 →空腹な状態で豆乳を飲んだ方が効果的です。
 豆乳には脂肪の吸収を抑える働きもあるので、
 食前に飲むこで、その後食べ物が腸に到達したときに
 予め到着している豆乳が脂肪の吸収を抑えます。
寝る前に飲まないこと
 →豆乳のような加工食品は消化・吸収に何時間もかかります。
 寝る前に豆乳を飲むと、ちゃんと消化・吸収がされず
 太る原因となります。
豆乳は賞味期限が2ヶ月以上あるものが多いですが、
 開封後は2~3日を目安に飲みきってください。






たくさんの方に見ていただきたいため、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!
にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村

美白・美肌 ブログランキングへ

豆乳はアトピーに効果あるの?

豆乳 アトピー 効果


豆乳はアトピーに効果あるの?

答え.
ある人とない人がいるので一概には言えません。


なお、体によいのは「調整豆乳」ではなく「無調整豆乳」
の方だといえます。
これは、「調整豆乳」は飲みやすくするため、砂糖やその他
成分が足されているからです。
「調整豆乳」に入っている「砂糖」はアトピーの敵なんです。

アトピーの敵である砂糖とは「白砂糖」のことです。
天然の黒砂糖にはビタミンやミネラルが豊富に含まれているのに対し、
白砂糖はそれらをほとんど排除して精製されているんです。

白砂糖は調整豆乳だけでなく、お菓子やジュースをはじめとして
ありとあらゆる加工食品に入っています。
科学的に精製された白砂糖を日常的に大量に摂ることによって
以下のような影響があるとされています。

・ビタミン欠乏を引き起こす。
・カルシウム欠乏を引き起こす。
・砂糖は吸収が早く血糖値を急激に上昇・下降させる。
  日常的に摂取しすぎると、低血糖症(血糖値が常に低い状態)を引き起こす。
・体内で消化吸収される時に、大量のビタミンや酸素を必要とする 。
・白砂糖はその精製過程で様々な薬剤を使用していること。
  それらが人体に何らかの影響を及ぼす可能性は否定できない。

白砂糖を多く含む製品は、そのほとんどが、
その他の食品添加物などを多く含む傾向にあります。
加工食品ですから当然といえば当然です。ということは、
白砂糖を日常的に多く摂っている方は、食品添加物や農薬、
抗生物質なども多く摂る傾向にあると思います。


なお、上記は日常的に大量摂取した場合ですので、
あまり神経質にならなくてもいいと思います。


上記のこともあり、砂糖はアトピーにはよくないとされています。
そのため、豆乳を飲まれる場合は、無調整豆乳を
摂られることをお勧めします。






たくさんの方に見ていただきたいため、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!
にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村

美白・美肌 ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。