スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝る前に豆乳を飲むと効果的?

豆乳 効果 寝る前


いいえ、寝る前に豆乳を飲むのはやめたほうがいいでしょう。
寝る前に食事をとるのは避けたほうがいいとの認識が
広まっていますが、これは豆乳も同じです。

食事や飲み物をとった後、それは体内で消化された後、吸収されます。
消化には約1~4時間、吸収が完了するまでには
1日以上かかる場合もあります。

寝る前、すなわち夜には、食事をとるための
体の機能が低下しており、朝や昼間ほどには消化されないのです。
消化されないものはそのまま体内に脂肪となってしまう場合があるんです。

寝る前に飲むのをやめたほうがいい具体的な理由は以下の通りです。

1.理由1:自立神経の働き

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、
それぞれの役割は以下のようになります。
交感神経:体を活動しやすいように働きます。
副交感神経:体をリラックスさせて休めるように働きます。

夜遅い時間や睡眠時は、体を休めるための
副交感神経が優位に働いています。
自律神経は、交感神経が優位となって活動している場合には、
代謝を促進するように働きますが、
副交感神経が優位となりリラックスした状態では、
代謝を抑制するように働くのです。

そのため、夜遅い時間は代謝を抑制しているので、
体脂肪として溜め込みやすいのです。


2.理由2:食事による熱量の変化

エネルギー消費は、基礎代謝や活動によるものだけではなく、
食事によっても行われています。
食事をすると体が温まりますが、これは食事をすることによって
エネルギーが消費されているためです。
この食事をすることによって消費されるエネルギーを、
食事誘導性熱産生(DIT)と言います。
辛いものを食べなくても、体が熱くなって汗をかくことがありますが、
これも食事誘導性熱産生によるものです。

この食事誘導性熱産生は、朝が最も多く、夜になると少なくなってきます。
食事誘導性熱産生は、一般的に消費カロリーの10%を占めるとされ、
決して少なくはありません。
食事時間が遅くなればなるほど、食事によって消費されるカロリーが
減少するのですから、太りやすいと言えるでしょう。


3.夜は副腎皮質ホルモンの分泌が少ない

副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)とは、
糖質やたんぱく質、炭水化物の代謝に関与するホルモンであり、
血糖値を上昇させてエネルギーとして消費しやすくする働きがあります。
副腎皮質ホルモンは、朝が最も分泌量が多く、
時間がたつにつれて減少していきます。


そのため、夜に摂取した食事はエネルギーになりにくく、
脂肪として蓄積されやすいのです。
副腎皮質ホルモンは、夜遅くなるほど分泌量が減少しますので、
夕食が遅くなれば遅くなるほど、エネルギーになりにくく、
脂肪を蓄積させやすいため、太りやすいのです。


理由4:脂肪を蓄積させるタンパク質BMALIが増える

BMAL1(ビーマルワン)という脂肪を蓄積する働きをもつ
たんぱく質の存在が明らかになっています。
BMAL1は、体内時計をコントロールする働きがあり、
脂肪を蓄積する酵素を増加させることがわかっています。
また、BMAL1の量は時間によって変動し、午後3時が最も少なく、
夜10時から早朝2時までが最も多くなるとされています。

つまり、午後10時から午前2時が最も脂肪を蓄積しやすく、
午後3時は最も脂肪になりにくい時間帯であるということです。
同じカロリーを摂取するにしても、夕食を10時前に食べるのと、
10時以降に食べるのとでは、脂肪の蓄積の仕方が異なるのです。



また、寝る時間を遅くしたからといって、その分エネルギーを
消費することはできません。
夜はそもそもエネルギーを消費しにくくなっているので、
夜の豆乳は脂肪となる可能性が高くなります。
そのため、寝る前に豆乳を飲むのは避けた方がいいでしょう。


Slim NEWS
http://slism.jp/communication/column-0087.html
(2011年6月29日)


たくさんの方に見ていただきたいため、ブログランキングに参加しています。
いつも応援ポチ、ありがとうございます!!
にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村

美白・美肌 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。